アメリカの民間企業VastとSpaceXは5月10日、商用宇宙ステーション「Haven-1」の打ち上げ計画を発表しました。Haven-1は2025年8月以降にSpaceXの「ファルコン9」ロケットで打ち上げられる予定です。【2023年5月11日15時】

【▲ Vastの商用宇宙ステーション「Haven-1」のイメージ画像。外部観察用のドームやドッキングしたクルードラゴン宇宙船が描かれている(Credit: Vast)】
【▲ Vastの商用宇宙ステーション「Haven-1」のイメージ画像。外部観察用のドームやドッキングしたクルードラゴン宇宙船が描かれている(Credit: Vast)】

Vastによると、Haven-1は太陽電池アレイや与圧区画などを備えた独立した宇宙ステーションで、4名のクルーによる地球低軌道での有人宇宙ミッションを最大30日間に渡ってサポートします。科学、研究、宇宙での製造を行う機会に加えて、(おそらくステーション自体の)回転による月面レベルの人工重力発生にも対応する模様です。

円筒形をした本体の一端にはSpaceXの「クルードラゴン」宇宙船を想定したドッキングポートが1か所あり、反対側の端には外部の観察や撮影を行うための透明なドームが設けられます。内部にはストレッチ運動や休憩のためのスペースが設けられる予定で、Wi-Fi経由でインターネットに常時アクセスすることも可能とされています。

-PR-

【▲ Vastの商用宇宙ステーション「Haven-1」(右)のイメージ画像。ドッキング間近のクルードラゴン宇宙船(左)が描かれている(Credit: Vast)】
【▲ Vastの商用宇宙ステーション「Haven-1」(右)のイメージ画像。ドッキング間近のクルードラゴン宇宙船(左)が描かれている(Credit: Vast)】

VASTとSpaceXはHaven-1初の有人宇宙ミッション「Vast-1」の準備も進めています。ミッションの実施時期は明らかにされていませんが、参加する4名のクルー(後日発表)はHaven-1に最長で30日間滞在する予定とされています。

なお、Haven-1は単体で独立稼働する宇宙ステーションですが、Vastによれば後に打ち上げが予定されているより大型の宇宙ステーションにモジュールの1つとして結合させることも計画されています。

【▲ 商用宇宙ステーション「Haven-1」と初のミッション「Vast-1」のイメージ動画】
(Credit: Vast)

多くの人々が宇宙で暮らす未来への貢献を使命に掲げるVastは、回転することで人工重力環境を作り出す全長100mの大型宇宙ステーション(40名対応)の建設を構想しています。ステーションを構成する7基のモジュールはSpaceXの大型宇宙船「スターシップ」で打ち上げられる予定です。

また、その後はさらに大型の人工重力式宇宙ステーション(数百名規模)を太陽系内の数十か所で運用するという大きな構想もVastは抱いています。こうした構想を念頭に、同社は回転による人工重力発生実験をHaven-1で行うことを検討しているということです。

【▲ Vastが構想する全長100mの大型宇宙ステーション。モジュールの打ち上げにはスターシップが使用される予定(Credit: Vast)】
【▲ Vastが構想する全長100mの大型宇宙ステーション。モジュールの打ち上げにはスターシップが使用される予定(Credit: Vast)】

 

Source

  • Image Credit: Vast
  • Vast - VAST Announces the Haven-1 and VAST-1 Missions.
  • SpaceX - SPACEX TO LAUNCH VAST’S COMMERCIAL SPACE STATION AND FIRST HUMAN SPACEFLIGHT MISSION

文/sorae編集部

-ads-

-ads-