-PR-

2022年10月1日にアメリカ航空宇宙局(NASA)は設立64周年を迎えました。それにちなみ、NASAは公式Twitterでハッブル宇宙望遠鏡30周年(2020年当時)の際に公開した特設ページを改めて紹介しています。

※ NASAの設立日は、アメリカ政府機関としては7月29日で、正式に稼働したのが10月1日です。

外部サイト:Hubble Birthdayhttps://imagine.gsfc.nasa.gov/hst_bday/

こちらの特設ページは「誕生日を指定すると、ハッブル宇宙望遠鏡がその日に何の天体を撮影したのか」を調べることができるもので、画像だけでなく天体の名前や簡単な解説も表示されます。

-PR-

【▲NASAの設立記念日「10月1日」にハッブル宇宙望遠鏡が撮影したのは非棒状渦巻銀河「NGC 3949」でした(Credit: NASA/ESA and The Hubble Heritage Team (STScI/AURA))】

 

編集部でも早速試してみました。

利用方法はとても簡単で、特設サイトにアクセスし「Select Your Birthday Date」から自身の誕生日を選択するだけ。登録など面倒なことは一切必要ありません。

選択し終えたら、赤いボタンの「SUBMIT」を押すだけで、その日の天体画像を見ることができます。

試しに10月12日を入力したところ、オリオン大星雲が表示されました。こちらの画像は、ハッブル宇宙望遠鏡の「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」とラ・シヤ天文台にある「MPG/ESO 2.2m望遠鏡」のデータを組み合わせたもので、とても魅力的な一枚ですね。

また、表示された内容はSNSでシェアすることができたり、説明枠の中にある「More info」を押すことで開くNASAの詳細ページから、高解像度画像をダウンロードすることも可能です。

なお、画像は366枚用意されており、各日に1枚の画像が設定されています。また、特設ページ「What Did Hubble See on Your Birthday?」で公開されているリスト(xlsxファイル)をダウンロードすることで、すべての日付の情報を一括確認することができます。

自分の誕生日にどんな天体が撮影されたのか、ぜひご覧ください!

 

Source

  • Image Credit: NASA, Twitter
  • NASA – Hubble Birthday

文/sorae編集部

-ads-

-ads-