無人ソユーズ宇宙船が地球に帰還。人型ロボット搭載

ロシアの「ソユーズ MS-14」宇宙船が2019年9月6日、無人の状態で地球へと帰還しました。

ソユーズ MS-14は8月22日に、国際宇宙ステーション(ISS)へと打ち上げられました。なお、これは無人状態で初めてISSへと向かったソユーズとなります。「ソユーズ 2.1a」ロケットでのソユーズ宇宙船の打ち上げも、また初めてのものです。

ソユーズのISSへのドッキングは8月27日に実施されましたが、技術的な問題により数日延期されていました。

さらに、ソユーズ MS-14ではISSへの補給物資だけでなく、人型ロボット「Skybot F-850」が搭載されていました。これは、宇宙船での打ち上げデータを計測することが目的です。

Skybot F-850もソユーズ MS-14とともに地上へと帰還しており、そのデータは将来の宇宙飛行士の打ち上げに活用されます。

 

Image: NASA TV
■Unpiloted Soyuz Capsule Returns to Earth with Humanoid Robot on Board

Unpiloted Soyuz Capsule Returns to Earth with Humanoid Robot on Board
An uncrewed Russian Soyuz returned to Earth Friday (Sept. 6), bring a humanoid robot home to wrap up first-of-its-kind test flight to the International Space Station.

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る