インド宇宙研究機関(ISRO)は12月11日18時55分(日本時間)、サティシュ・ダワン宇宙センターからPSLV-C48の打ち上げを実施しました。

関連:小型SAR衛星1号機「イザナギ」、12月11日にインドで打ち上げ

PSLV-C48には、インドの「RISAT-2BR1」や日本の「QPS-SAR-1(イザナギ)」の他に、イスラエルの「Duchifat-3」、イタリアの「Tyvak-0092」、アメリカの「Tyvak-0129」「1HOPSAT」「Lemur-2(4機)」の計10個の人工衛星を搭載。

ISROの打ち上げプレスキットより(Credit:ISRO)

打ち上げから16分23秒後にインドの「RISAT-2BR1」を高度576kmの軌道に投入。続く「イザナギ」を含む9個の人工衛星を無事に軌道に投入し、打ち上げミッションは成功しました。

なお、軌道投入後の「イザナギ」は、アンテナを展開し数ヶ月かけてシステムの調整を行います。そして、初データは九州上空で撮影する予定となっています。

 

関連:インド、PSLVにて地球観測衛星とキューブサットを打ち上げ成功

Source: ISRO

 オススメ関連記事