株式会社QPS研究所は、約20社の九州の地場企業が開発・製造する小型SAR衛星1号機「イザナギ」の打ち上げを2019年12月11日(水)に実施します。

イザナギは、インドのサティシュ・ダワン宇宙センターより「PSLV(Polar Satellite Launch Vehicle)」のC48に搭載され、高度約570kmの軌道へと打ち上げられます。

QPS研究所の開発した、収納性が高く超軽量の大型アンテナを搭載したイザナギは、合成開口レーダー(SAR)を使用し天候や昼夜関係なく観測が可能。また、従来のSAR衛星より小型かつ低コスト化を実現しており、多数の衛星を打ち上げることも可能です。

打ち上げ当日は、福岡県庁ロビー1階にてパブリックビューイングを行うことが決定していmsづ。打ち上げの様子を大型モニターで見ながら、QPS研究所創業者/研究所長/九州大学名誉教授の八坂哲雄氏と研究員の福田大氏より、今回のプロジェクトの概要や開発秘話が語られる予定となっています。

イザナギ打ち上げパブリックビューイング詳細

日時:2019年12月11日(水)18:20〜19:30(開場18:00)
打ち上げ予定時刻:18:55(日本時間)
会場:福岡県庁1階ロビー(福岡市博多区東公園7-7)
展示:人工衛星の模型、QPS研究所及び県内ものづくり企業の紹介パネル、プログラミング言語「mruby(軽量ruby)」紹介パネル ※展示はイベント以降12月27日(金)まで県庁1階に展示いたします(土日は除く)

 

Source: 株式会社QPS

 オススメ関連記事