生命が存在するかもしれないエウロパ


 
つい先日、探査機「ガリレオ」の過去観測データの精査から水の噴出の可能性が高まった木星衛星「エウロパ」
 
そもそも探査機の名前にもなっているように、エウロパは科学者のガリレオ・ガリレイが1610年に発見しました。直径2000マイル、公転日数は3.5地球日、質量は月の約65%のこの衛星は、厚さ10〜15マイルの氷の殻の下に40〜100マイルの深さの塩分を含む海が存在すると想定されてるのです。
 
なお、画像のエウロパは左側が自然な色で、右側は赤外線などの観測データを組み合わせたものとなっています。
 
Image Credit: NASA/JPL-Caltech/DLR
■Europa by the Numbers
https://www.nasa.gov/image-feature/europa-by-the-numbers
(塚本直樹)

関連記事

満月まで2018年8月26日
あと10日です。
ページ上部へ戻る