エアバス、A380の生産終了を示唆 エミレーツ航空から発注がなければ


 
いよいよその時がきた、ということでしょうか。エアバスは今週月曜日に、「エミレーツ航空からのさらなる発注がなければ、A380の生産は中止されるだろう」と発言しています。
 
A380は総2階建ての超大型旅客機で、2007年に就航。大容量の輸送能力や、航空会社によるゴージャスなファーストクラスの設定も注目を集めました。しかしここ2年は新規の発注がないなど、将来が不安視されていたのです。
 
エアバスのセールスディレクターのジョン・リーヒ(John Leahy)氏は、「我々は現在もエミレーツ航空と協議を続けているが、正直な所、同社は最低受注機数を満たす注文ができる唯一の航空会社だろう」としています。そして「もしエミレーツ航空からの発注がなければ、(A380の)プログラムを中止せざるを得ない」と述べているのです。
 
なおA380の最後の発注はANA(全日本空輸)からの3機で、2016年1月におこなわれたもの。2018年には12機のA380が航空会社へと引き渡される予定です。
 
Image Credit: Wikimedia Commons
■End of the A380 superjumbo? Airbus warns future of plane at risk
https://www.theguardian.com/business/2018/jan/16/end-of-the-a380-superjumbo-airbus-warns-future-of-plane-programme-at-risk
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る