シグナス補給船が1月31日、国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。

ノースロップ・グラマンが製造するシグナスは、ISSへの物資補給を担当しています。今回のシグナス「NG-12」は約4トンの物資や科学実験機器を輸送しました。

シグナスはほぼ3ヶ月間ISSに係留された後、すぐには大気圏に突入せず、軌道上にて小型衛星の放出実験を実施します。これは、カメラやアンテナ、通信技術、ソーラーセル、素材に関する実験が含まれています。

そして全てのミッションを終えた後に、シグナスは約2.6トンの貨物とともに、大気圏へと突入して燃焼します。また、次回のシグナスのミッションは2月9日に実施される「NG-13」となります。

 

Image: NASA TV
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事