散開星団「R136」(Credit: NASA, ESA, and E. Sabbi (ESA/STScI); Acknowledgment: R. O'Connell (University of Virginia) and the Wide Field Camera 3 Science Oversight Committee)

【▲ 散開星団「R136」(Credit: NASA, ESA, and E. Sabbi (ESA/STScI); Acknowledgment: R. O'Connell (University of Virginia) and the Wide Field Camera 3 Science Oversight Committee)】

こちらは南天の「かじき座」の方向にある散開星団「R136」です。その後ろに見えているのは「かじき座30(30 Doradus)」と呼ばれる輝線星雲。無数に散りばめられた星団の青い星々と、背後に広がる星雲のコントラストが美しい一枚です。

「ハッブル」宇宙望遠鏡が捉えたこの星団、実は地球から約17万光年離れた「大マゼラン雲」(LMC:Large Magellanic Cloud、大マゼラン銀河とも)にあります。背後の星雲「かじき座30」も、「タランチュラ星雲(Tarantula Nebula)」という名前のほうがよく知られているのではないでしょうか。

タランチュラ星雲は活発な星形成領域として知られています。その中心付近で誕生したR136の星々はまだ若く、形成されてから150万年ほどしか経っていないとみられています。星団には質量が太陽の100倍以上という大質量星が幾つか含まれていて、最も重いとされる「R136a1」の質量は太陽の約220倍もあると考えられています。

ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ22周年記念画像として2012年4月に公開された「タランチュラ星雲(かじき座30)

【▲ ハッブル宇宙望遠鏡の打ち上げ22周年記念画像として2012年4月に公開された「タランチュラ星雲(かじき座30)」(Credit: NASA, ESA, ESO, D. Lennon and E. Sabbi (ESA/STScI), J. Anderson, S. E. de Mink, R. van der Marel, T. Sohn, and N. Walborn (STScI), N. Bastian (Excellence Cluster, Munich), L. Bedin (INAF, Padua), E. Bressert (ESO), P. Crowther (Sheffield), A. de Koter (Amsterdam), C. Evans (UKATC/STFC, Edinburgh), A. Herrero (IAC, Tenerife), N. Langer (AifA, Bonn), I. Platais (JHU) and H. Sana (Amsterdam))】

冒頭の画像はハッブル宇宙望遠鏡の「広視野カメラ3(WFC3)」による観測データ(紫外線・可視光線・赤外線のフィルター計5種類を使用)をもとに作成され、2012年8月16日付で公開されたもので、アメリカ航空宇宙局(NASA)のハッブル宇宙望遠鏡Twitter公式アカウントが2022年4月19日付で改めて紹介しています。

 

関連:大質量星誕生の実験室。大マゼラン雲に輝く「星のゆりかご」

Source

  • Image Credit: NASA, ESA, and E. Sabbi (ESA/STScI); Acknowledgment: R. O'Connell (University of Virginia) and the Wide Field Camera 3 Science Oversight Committee
  • STScI - Hubble Watches Star Clusters on a Collision Course
  • @NASAHubble (Twitter)
  • Crowther et al. - The R136 star cluster dissected with Hubble Space Telescope/STIS. I. Far-ultraviolet spectroscopic census and the origin of HeII 1640 in young star clusters (arXiv)
  • Bestenlehner - Mass loss and the Eddington parameter: a new mass-loss recipe for hot and massive stars (arXiv)

文/松村武宏