イプシロンロケット4号機 打ち上げ成功。革新的衛星技術実証1号機を搭載

革新的衛星技術実証1号機」を搭載したイプシロンロケット4号機は、鹿児島県肝属郡肝付町の内之浦宇宙空間観測所から2019年1月18日9時50分21秒に打ち上げられました。

革新的衛星技術実証プログラム」の最初の実証機会である「革新的衛星技術実証1号機」には、7つの実証テーマを載せた「小型実証衛星1号機」を含む7機の人工衛星で構成。人工流れ星を作り出す人工流れ星実証衛星「ALE-1」も搭載されるなど、注目を集めています。
なお、実証テーマに関しての詳細は以下のURLから閲覧可能です。

◎革新的衛星技術実証1号機に搭載する実証テーマ
http://www.kenkai.jaxa.jp/research/innovative/demotheme.html

また、打ち上げから51分55秒に小型実証衛星1号機「RAPIS-1」の分離に成功。他の6機の超小型衛星・キューブサットの分離に関しては、各機関およびJAXAのホームページにて発表されるとのことです。

なお、ライブ中継が行われたYouTubeライブのコメント欄では、「肉眼で見えた!」「すごく感動した」「素敵な時間をありがとう」などの興奮や喜びの声が見られ、また海外からのコメントも多く寄せられました。

 

Image Credit:JAXA

関連記事

ページ上部へ戻る