現在も火星で探査活動を続けている「キュリオシティ」ですが、上の画像はそのキュリオシティによって火星地表に掘られた穴の画像です。

この直径0.6インチ、深さ2インチの穴は、キュリオシティのドリルによって2018年5月20日に開けられました。また画像は、同探査機の「Mast Camera」によって2057火星日に撮影されたものです。

キュリオシティのドリルは2016年12月に発生したトラブルにより、2年弱にわたりサンプル採取に利用されていませんでした。


 

関連

Source

  • Image Credit: NASA
  • NASA - Going Forward

文/塚本直樹

Twitterでフォローしよう