イスラエル「SpaceIL」、月面探査機を今年12月に打ち上げ予定

スペシャリスト:


 
イスラエルの非営利団体による組織「SpaceIL」は、同国の政府系企業「IAI(Israel Aerospace Industries)」と共同で月面探査機を2018年12月に打ち上げると発表しました。打ち上げにはスペースXの「ファルコン9」ロケットが利用されます。
 
このSpaceILは民間による月面探査を目指すグーグル・ルナ・エックスプライズ(Google Lunar X Prize:GLXP) のイスラエルチームとして活動してきましたが、GLXPは達成チーム無しで2018年3月31日にプロジェクトが一旦終了。しかし出資を受けるなどして、探査機の開発を継続していたのです。
 
このようにGLXPの参加チームで探査機開発を続けているのは他にもあり、例えばアメリカの「Moon Express」や「Astrobotic」、そして何より日本のispace社による「HAKUTO」があります。
 
なお、SpaceILの探査機は2019年2月13日に月へと着陸する予定です。もし計画が成功すれば、イスラエルはロシアやアメリカ、中国に続く4番目の月面探査機を着陸させた国となります。
 

 
Image Credit: SpaceIL
■Israel Aims to Launch Moon Lander in December
https://www.space.com/41129-israel-launching-moon-mission-december.html
(文/塚本直樹)

塚本直樹

IT・宇宙開発・ドローンジャーナリスト/翻訳ライターとして、ギズモード・ジャパン、Engadget 日本版、Business Insider Japan、ディスカバリー・ジャパン、メルカリ R4D、sorae、bouncy、moovoo、d.365!などで執筆中。お仕事は@tsukamoto_naokiかnaoki112104850184 at gmail.com まで。実績→@tsukamoto_naoki

スポンサー



NEWS

コラム

  • イベント情報