ロケットラボは日本時間2023年8月24日に、「エレクトロン」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた人工衛星は予定通りの軌道へ投入されたことが、同社のSNSや公式サイトにて報告されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:エレクトロン(We Love the Nightlife)

ロケット:エレクトロン
打ち上げ日時:日本時間2023年8月24日8時45分【成功】
発射場:オネヌイ射場(ニュージーランド)
ペイロード: Capella Acadia 1

-PR-

「We Love the Nightlife」は、アメリカの民間宇宙企業「Capella Space」の合成開口レーダー(SAR)衛星「Acadia 1」を打ち上げるミッションです。Capella Spaceはロケットラボのエレクトロンロケットで合計4機のAcadia衛星を打ち上げを計画しており、今回はその1号機の打ち上げが実施されました。

なお、今回飛行したエレクトロンの1段目に搭載されていた合計9基のエンジンのうち1基は、2022年5月の「There And Back Again」ミッションで飛行・回収したエンジンが再利用されました。ロケットラボのCEOピーター・ベック氏は、今後のミッションでは9基すべてのエンジンを再利用した1段目で飛行する予定だと述べています。

【▲ Capella Acadia 1の想像図。ロケットラボのプレスリリースより(Credit: Capella Space)】

■打ち上げ関連画像・映像 

■打ち上げ関連リンク

 

【最終更新:2023年8月25日15時】エンジンの再利用についての記述を追記しました。

Source

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-