「宇宙作戦郡」のシンボルマーク。宇宙作戦隊のシンボルマークと文字や左右の星の位置が異なる(Credit: 航空自衛隊, 防衛省)

【▲「宇宙作戦」のシンボルマーク。宇宙作戦隊のシンボルマークとは文字が異なる(Credit: 航空自衛隊, 防衛省)】

2022年3月17日に、航空自衛隊府中基地に「宇宙作戦」が新編され、翌18日には府中基地で隊旗を授与する式典が開かれました。

「宇宙作戦」は、宇宙作戦隊など各部隊の上級部隊として新編されたもので、宇宙領域における活動の計画や遂行をするための指揮統制を担います。群司令(玉井 一樹 1佐)を指揮官とし、指揮官を支える群本部や宇宙作戦隊、同時に新編された「宇宙作戦指揮所運用隊」で編成されています。

関連:改正防衛省設置法が可決。空自府中基地に「宇宙作戦隊」発足へ(2020)

【鬼木誠副防衛相と群司令の玉井一樹1佐。府中基地で開かれた式典より(Credit: 航空自衛隊, 防衛省)】

宇宙作戦の新設によって、宇宙状況監視に関する運用や研究、人材育成だけでなく、友好国軍・関係機関との連携で、宇宙状況監視などの取り組みの強化が期待されています。

なお、2022年度中には、航空自衛隊府中基地の「宇宙作戦隊」を「第1宇宙作戦隊」とし、新たに山口県防府市の航空自衛隊防府北基地に「第2宇宙作戦隊」が新設されることも明らかになっています。

 

関連:宇宙作戦隊のシンボルマーク公開 地球と星と衛星軌道、監視レーダーを表現

Source

文/sorae編集部

※漢字変換間違いによるミスを訂正させて頂きました。(21日14時40分現在)