JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)は、今年10月1日(金)にイプシロン5号機を打ち上げると発表しました。イプシロン5号機は、鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられます。時間は日本標準時で9時48分から9時59分に設定されています。また予備ウィンドウは10月2日(土)から11月30日(火)となっています。さらに詳細な情報は、打ち上げ2日前に決定するということです。

イプシロンロケット5号機のイメージ(Credit: JAXA)

【▲ イプシロンロケット5号機のイメージ(Credit: JAXA)】

イプシロンロケット5号機に搭載されるのは、「革新的衛星技術実証2号機」(RAISE-2)と4基の超小型衛星、4基のキューブサットです。革新的衛星技術実証2号機は、革新的衛星技術実証プログラムとして大学や研究機関、民間企業などから公募した部品や機器、超小型衛星、キューブサットに実証の機会を提供します。イプシロンロケットに搭載されて高度560km、軌道傾斜角97.6度の太陽同期軌道に投入されます。重量は110kgです。なお、搭載する超小型衛星とキューブサットの情報は記事下部に記載します。

JAXAは、イプシロン5号機機体に貼り付けるメッセージを募集しています。締め切りが延長され、8月24日15:00までとなりました。メッセージは、デカールと呼ばれるシールに印字され、機体下部に貼り付けられるということです。詳細はファン!ファン!JAXA!をご覧ください。

関連記事:JAXAがイプシロン5号機に貼り付けるメッセージを募集中(記事中では締め切りが8月9日となっていますが、延長され8月24日15:00までです。)

超小型衛星
・可変形状姿勢制御実証衛星ひばり HIBARI:東京工業大学
・複数波長赤外線観測超小型衛星Z-Sat:三菱重工業株式会社
・デブリ捕獲システム超小型実証衛星DRUMS:川崎重工業株式会社
・多目的宇宙環境利用実験衛星TeikyoSat-4:帝京大学

キューブサット
・宇宙塵探査実証衛星ASTERISC:千葉工業大学
・速報実証衛星ARICA:青山学院大学
・高機能OBC実証衛星NanoDragon:明星電気株式会社
・木星電波観測技術実証衛星KOSEN-1:高知工業高等専門学校

 

Image Credit: JAXA
Source: JAXAプレスリリース/特設サイト
文/出口隼詩

 オススメ関連記事