NASAは米国時間6月24日、野口聡一宇宙飛行士が搭乗する「クルー・ドラゴン」宇宙船の打ち上げが、9月中旬以降に実施される見込みだと明かしました。

NASAとスペースXは、今年5月に初の宇宙飛行士打ち上げミッション「デモ2」を実施しました。搭乗した宇宙飛行士は、現在国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しています。

そしてNASAで商業乗員プログラムのマネージャーを務めるSteve Stich(スティーブ・スティッチ)氏は、クルー・ドラゴンと両飛行士の地球への帰還が早ければ8月2日になることや、約6週間の機体のレビューを行うこと、そしてその後に野口さんが搭乗する「クルー1」が実施されるとの見通しを明かしました。これらの作業を考慮すると、クルー1は早くとも9月中旬に実施されることになります。

これまで、クルー1は8月30日が予定されていたので、いくぶんスケジュールが先送りされる可能性がでてきました。

 

Image: NASA TV
Source: CBS NEWS
文/塚本直樹

 オススメ関連記事