プラネタリウムで何故SL?全天周動画コンテンツの完成披露試写会を開催へ

conSept、極楽映像社、mograsの3社が立ち上げた映像コンテンツ制作プロジェクトチーム「OZON」初のプロデュース作品が完成、発表されました。

作品は、SL(蒸気機関車)にフォーカスした作品「SLは未来のスペースランチャー〜19世紀から宇宙へ 時代を超えた蒸気機関車の世界〜」というプラネタリウム向け全天周動画コンテンツ。SLの大型、中型、小型それぞれの代表的なものを網羅や歴史や構造、SLによって過去から未来に向けて人の営みがどう変わって来たのかを紹介します。ナレーションは「シティーハンター」「キン肉マン」「北斗の拳」でお馴染みの神谷明氏が担当。

プラネタリウムで何故SL?という疑問点について、発表では「日本には『銀河鉄道の夜』や『銀河鉄道999』に代表されるようにSLに思いを馳せる様々な物語があります。それは鉄の塊なのにどこか人間味が感じられる哀愁があり、鉄道というロマン、そして遠くへ旅するという憧れでもあるのです。」とコメントを出しています。

また、2018年11月5日(月)に完成披露試写会を足立区ギャラクシティ内のプラネタリウムで開催し、2019年から各地域のプラネタリウムでの上映を予定しています。

なお、完成披露試写会は先着順で参加費無料。詳細は「プラネタリウム・ムービー『SLは未来のスペースランチャー』完成披露試写会」を参照して下さい。

 

Image Credit:conSept
■プラネタリウム向け全天周ムービー『SLは未来のスペースランチャー〜19世紀から宇宙へ 時代を超えた蒸気機関車世界』の完成披露試写会を開催
https://sl-planetarium.peatix.com/

関連記事

ページ上部へ戻る