NASAが9月21日に新たに公開した画像は、スペースデブリ除去実験の小型衛星「リムーブデブリス(Remove Debris)」が宇宙へ放出された際の姿を捉えたものです。

リムーブデブリス」は、欧州連合によりスペースデブリ除去実験用としてナノラックスが開発。2018年4月にスペースXのドラゴン14号機に搭載され、国際宇宙ステーションに運ばれました。国際宇宙ステーションからのドラゴン補給船のキャッチは「カナダアーム2」が用いられ、金井宣茂宇宙飛行士が担当したことでも記憶に新しいです。

そして、2018年6月20日に国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」から宇宙空間へ放出されました。その「リムーブデブリス」の模様はナノラックスがTwitter・youtubeを通じて写真や動画を公開しています。

リムーブデブリス」は、2018年10月に捕獲ネットの放出実験が行われ、つづく12月に視覚ベースでスペースデブリの位置を把握する試験、2019年2月には銛を利用した試験を実施予定となっています。

 

Image Credit:NASA/Twitter/youtube
■Small Satellite Demonstrates Possible Solution for ‘Space Junk’
https://www.nasa.gov/image-feature/researching-how-best-to-remove-space-junk

関連記事

ページ上部へ戻る