「ドローンハイウェイ構想」東電とゼンリン発表 送電線上飛行し充電施設も

20170329ndrone
 
東京電力ホールディングス株式会社と株式会社ゼンリンは3月29日、送電線上をドローンの移動経路として利用する「ドローンハイウェイ構想」を発表しました。
 

 
自由な機動が可能なドローンではさまざまなビジネスが構想されていますが、その管制が問題になりつつあります。そこでドローンハイウェイ構想では東京電力の施設やゼンリンの地図データを利用し、全国に張り巡らされた送電線をドローンが自由に飛行できる高速道路として利用しようというのです。
 
さらに、ドローンのバッテリーが低下した際には送電線近くの「ドローンポート」にて充電や点検、整備、修理サービスを実施。そしてドローンは再び飛行を続けることができます。まるで、高速道路のSA(サービスエリア)のようです。
 
またゼンリンは送電鉄塔などドローン飛行の障害になる施設、インフラ設備の3次元データベースを提供。ドローンの安全な飛行を支援します。
 
このようなドローンの管制システムは、楽天がAirMapと共同で「楽天AirMap」を設立し、管制ツールやデータの提供を予定しています。そして、今回のドローンハイウェイ構想は2019年度の実現を予定。ドローンの進化でますます賑やかになる上空にも、交通整理が必要になってきそうですね。
 
Image Credit: ゼンリン
■ドローン社会実現のための安全飛行インフラ構築に向けた業務提携について~「ドローンハイウェイ構想」の実現に向けて~
http://www.zenrin.co.jp/news/170329.html

関連記事

ページ上部へ戻る