東京メトロは、非GPS環境下でのトンネル検査におけるドローンの運用を2020年2月6日から半蔵門線で開始します。

従来のトンネル検査は目視にて構造物の状態を確認してきました。ドローンを用いた検査を導入することにより、高い場所にある構造物を目視よりも効果的に確認することができるだけでなく、調査データを蓄積することで今後のトンネル調査を質を上げることが可能になります。ドローンの操縦は、厳しい環境にも対応できるように育成された東京メトロの社員が行います。

また、東京メトロは本郷飛行機株式会社と協力し、非GPS環境下での自律飛行型ドローンを共同開発することも発表しています。画像認識技術やAI技術を活用し、複雑な構造の場所かつGPS信号が届かない環境にて操縦者不要な自律飛行ができるドローンの開発を目指します。

なお、自律飛行型ドローンは鉄道施設の点検や巡回警備など、様々なシーンで活用することを検討しています。

 

Source: 東京メトロ

 オススメ関連記事