宇宙航空研究開発機構(JAXA)は天候悪化が予想されることから延期していた「H3」ロケット試験機2号機の打ち上げについて、新たな打ち上げ日が日本時間2024年2月17日に再設定されたことを発表しました。【最終更新:2024年2月15日14時台】

【▲ 種子島宇宙センター大型ロケット発射場から飛び立ったH3ロケット試験機1号機。2023年3月7日撮影(Credit: JAXA)】
【▲ 種子島宇宙センター大型ロケット発射場から飛び立ったH3ロケット試験機1号機。2023年3月7日撮影(Credit: JAXA)】

H3ロケット試験機2号機の打ち上げは2024年2月15日に実施される予定でしたが、当日の天候悪化が予想されることから延期されていました。JAXAによると、新たな打ち上げ日時は日本時間2024年2月17日9時22分55秒、打ち上げ時間帯は日本時間同日9時22分55秒~13時6分34秒です。打ち上げの予備期間は2024年2月18日~同年3月31日となります。

H3ロケットは従来の主力ロケット「H-IIA」の後継機としてJAXAと三菱重工業が開発した日本の新型ロケットです。試験機1号機による初飛行は2023年3月7日に実施されましたが、1段目の切り離し後に2段目の「LE-5B-3」エンジンに点火することができず打ち上げは失敗し、搭載されていた先進光学衛星「だいち3号(ALOS-3)」は失われました。原因を調査したJAXAは2段目エンジンの電気系統で発生した可能性がある短絡(ショート)や過電流を3パターンまで絞り込み、その全てに対策を行った上で試験機2号機による打ち上げ再開を目指しています。

-PR-

関連記事
JAXA、H3ロケット試験機1号機打ち上げ失敗の原因究明に結論 再発防止対策を実施へ(2023年8月25日)
JAXA、H3ロケット試験機2号機を打ち上げへ 早ければ2024年2月15日に(2023年12月28日)
【速報】JAXAがH3ロケット試験機2号機の打ち上げを延期 天候悪化の予想(2024年2月13日)

【▲ H3ロケット試験機2号機のフェアリングに格納されるロケット性能確認用ペイロード(VEP-4)と2機の小型副衛星(Credit: JAXA)】
【▲ H3ロケット試験機2号機のフェアリングに格納されるロケット性能確認用ペイロード(VEP-4)と2機の小型副衛星(Credit: JAXA)】

なお、試験機2号機の形態は試験機1号機と同じ「H3-22S」です(※1段目にエンジンを2基搭載、固体燃料ロケットブースターを2基装着、ペイロードを保護するフェアリングはショート形態)。ペイロードとして「だいち3号」と同等の質量特性を持たせた「ロケット性能確認用ペイロード(VEP-4)」(質量約2.6トン、全長約3.9m)の他に、以下の小型副衛星が搭載されます。

・CE-SAT-IE:キヤノン電子、地表の静止画・8K動画撮影を実施。
・TIRSAT:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構など、世界各地の工場稼働状況を把握するためのリモートセンシング技術実証。

 

【更新:2024年2月15日14時台】JAXAから打ち上げ時刻の決定が発表されたことにあわせて本文の一部を更新しました。

 

Source

  • JAXA - H3ロケット試験機2号機の打上げ時刻及び打上げ時間帯について[再設定]
  • JAXA - H3ロケット試験機2号機の打上げについて[再設定]

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-