-PR-

欧州宇宙機関(ESA)とアリアングループは現在開発を進めている新型ロケット「Ariane 6(アリアン6)」について、初飛行に向けた本格的なリハーサルとして日本時間2023年11月24日に実施された1段目エンジンの長時間の燃焼試験に成功したと発表しました。【最終更新:2023年11月24日16時】

【▲ ギアナ宇宙センターで日本時間2023年11月24日に実施された「Ariane(アリアン)6」ロケット1段目エンジン燃焼試験中の様子(Credit: ESA)】
【▲ ギアナ宇宙センターで日本時間2023年11月24日に実施された「Ariane(アリアン)6」ロケット1段目エンジン燃焼試験中の様子(Credit: ESA)】

Ariane 6は2023年7月まで運用されていた「Ariane 5(アリアン5)」の後継にあたるロケットです。機体構成は固体燃料ロケットブースター「P120」を1段目の側面に2基備えた「A62」と、4基備えた「A64」の2種類が用意されています。アリアンスペースによれば地球低軌道(LEO)への打ち上げ能力はA62が10.3トン、A64が21.6トン。静止トランスファ軌道(GTO)への打ち上げ能力はA62が4.5~5トン、A64が11.5トンとされています。

-PR2-

ESAやアリアングループによると、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターで行われた今回の燃焼試験では、Ariane 6の1段目に搭載されている「Vulcain(バルカン、ヴァルカン)2.1」エンジンが7分間以上安定して動作しました(当初発表されていた燃焼予定時間は7分50秒間)。実際の打ち上げの状況に近付けるため、試験には1段目に2段目と4基のブースターを結合した試験用の機体が用いられており、エンジンを稼働させる1段目だけでなく2段目への推進剤充填も実施されています。

今回の試験はVulcainエンジンが点火から4秒で停止した2023年9月の試験に続くもので、Ariane 6そのものだけでなく地上設備も含めた打ち上げシステム全体の認定プロセスの一部に位置付けられています。今後は2023年12月にドイツのランポルツハウゼンにあるドイツ航空宇宙センター(DLR)の施設で2段目エンジンの最後の燃焼試験が予定されているということです。なお、Ariane 6の初飛行は当初の計画よりも遅れ続けており、2023年11月時点では2024年に実施される見込みです。

 

Source

  • ESA – Hot fire: Ariane 6 ready to rumble
  • ArianeGroup – Successful Ariane 6 core stage long-duration hot-fire test

文/sorae編集部

-ads-

-ads-