土星探査機カッシーニが撮影した土星の衛星タイタン、レア、ミマス

土星探査機カッシーニが撮影した土星の衛星タイタン、レア、ミマス(Credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute)

夜空に浮かぶ3つの三日月を描いた作品のようにも見えるこちらの画像、実は空想ではなく本物の光景です。

撮影したのは2017年9月にミッションを終えた土星探査機「カッシーニ(Cassini)」で、写っているのはすべて土星の衛星です。最も大きく見えているのは土星最大の衛星タイタン(直径約5150km)で、タイタンの左上に見えているのはレア(直径約1527km)、タイタンの左下に小さく写っているのはミマス(直径約396km)となります。

レアとミマスは輪郭がはっきりとしていて、クレーターに覆われているレアの地表の様子も捉えられていますが、厚い大気を持つタイタンは地表が見えず、輪郭も少しぼやけているのがわかります。また、大気が光を屈折させるため、タイタンの「三日月」は暗い夜側まで包み込むような形をしています。

冒頭の画像は2015年3月25日にカッシーニの狭角カメラを使って撮影されたもので、同年6月22日に「Triple Crescents」のタイトルで公開されています。撮影時のカッシーニから衛星までの距離は、タイタンが約430万km、ミマスが約300万km、レアが約260万kmとされています。なお、土星ではこれまでに大小合わせて82個の衛星が発見されています。

 

関連:土星の衛星タイタンの濃密な大気の下に広がる地表。特殊フィルターで撮影

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/Space Science Institute
Source: NASA/JPL
文/松村武宏

 オススメ関連記事