1211soyuz-tma-17m

油井亀美也さんら、3人の宇宙飛行士を乗せた「ソユーズTMA-17M」宇宙船が、日本時間の今夜、地球に帰還する。

ソユーズTMA-17Mには、オレッグ・コノネンコ宇宙飛行士(露宇宙庁、ソユーズのコマンダー)、油井亀美也宇宙飛行士(JAXA、フライト・エンジニア)、チェル・リングリン宇宙飛行士(NASA、フライト・エンジニア)の3人が搭乗する。彼ら3人は今年7月23日に、同じソユーズTMA-17Mに乗って打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在していた。

-PR-

ソユーズTMA-17Mはこのあと、18時49分ごろにISSから分離され、単独飛行に入る。そして22時12分ごろに、カザフスタン共和国の草原地帯へ着陸することになっている。

分離や着陸の模様は、NASAのインターネット放送局「NASA TV」の他、JAXAによってYouTubeやニコニコ生放送でも生中継が行われる。

北網圏北見文化センター(北海道)、佐久市子ども未来館(長野県)、八ヶ岳グレイスホテル(岐阜県)、各務原市産業文化センター(岐阜県)、岡山県生涯学習センター(岡山県)ではパブリックビューイングも開催される。

ソユーズTMA-17Mは当初、12月22日に帰還することが計画されていたが、11月に予定されていたプログレス補給船の打ち上げが12月に延期となり、運用スケジュールが逼迫することから、ソユーズTMA-17Mの帰還日を前倒しすることが決定された。

Image Credit: NASA

■JAXA | 油井亀美也宇宙飛行士が搭乗するソユーズ宇宙船(43S/TMA-17M)の帰還予定日時について
http://www.jaxa.jp/press/2015/12/20151208_43s_j.html

-ads-

-ads-