美星町に試験設置された防犯灯「手前:一部改良型(非IDA認証)、奥:通常のLED防犯灯」

パナソニックの光害対策型のLED防犯灯と道路灯が、国内メーカーで初めて、国際ダークスカイ協会(IDA)による「星空に優しい照明(Dark Sky Friendly Lighting)」の認証を取得しました。

認証した製品の特徴
1. 国内メーカー初の国際ダークスカイ協会認証取得照明器具
2. 上方への光漏れが一切ない上方光束比率0%
3. 3000K以下の色温度を採用し、落ち着きのある景観を演出

IDAに認証された防犯灯と道路灯は、1988年に環境庁から星がよく見えるまち「星空の街」であり、国内初の「光害防止条例」が制定されている岡山県井原市美星町(びせいちょう)の「美星町観光協会」からの要望がきっかけで開発を開始。

2019年夏には美星町内に設定されたモデル地区において、一部改良型の防犯灯を設置し、現地検証を実施しました。認証基準の上方光束率0%、色温度3000K以下となるよう仕様変更や新規開発により、米国のIDA本部の審査を通過。国内メーカー初の「星空に優しい照明」として認証されました。

IDA認証 光害対策型防犯灯

IDA認証 光害対策型道路灯

認証された防犯灯と道路灯は、星空保護区における屋外照明の基準をクリアし、上方への光漏れがなく落ち着きのある景観を演出できる”光害の観点で優れた照明器具”となります。

パナソニックは今後、「星空保護区」の認定を目指されている地区などに「IDA認証照明器具」を提案していきます。

 

Source: パナソニック

 オススメ関連記事

【 sorae 広がる 】
フォローお願いします!
・Google news 配信
・Instagram ダイジェスト配信