米ストラトローンチは4月13日(現地時間)、世界最大の飛行機「スケールド・コンポジッツ・ストラトローンチ(あるいはロック)」の初飛行に成功しました。

カリフォルニア州のモハベ空港にて飛行を実施したスケールド・コンポジッツ・ストラトローンチは、空中からのロケットの発射を目的として開発されている飛行機です。翼長は117mとなり、6基のジェットエンジンを搭載しています。

公式発表によれば、当日の飛行では高度5180m、時速304kmに到達。2.5時間の飛行をこなしました。

ストラトローンチはノースロップ・グラマンの小型ロケット「ペガサスXL」の打ち上げを予定しています。また、以前発表された独自のロケットやスペースプレーンの計画は中止されています。

Image: ストラトローンチ
■Stratolaunch Flies World’s Largest Plane for the First Time

Stratolaunch Flies World’s Largest Plane for the First Time
Stratolaunch, the private launch company founded by the late billionaire Paul Allen, has just flown the world

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る