【▲準備中の通信衛星「Galaxy 33 」(Credit: インテルサット)】
【▲準備中の通信衛星「Galaxy 33 」(Credit: インテルサット)】

スペースXは日本時間2022年10月9日に、同社の「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた通信衛星「Galaxy」2機は無事に軌道へ投入されたことが、同社のSNSや公式サイトにて報告されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

-PR-

■ファルコン9(INTELSAT G-33/G-34)

打ち上げ日時:日本時間2022年10月9日8時5分【成功】
発射場:ケープカナベラル宇宙軍基地(アメリカ)
ペイロード:Galaxy 33、Galaxy 34

Galaxy 33とGalaxy 34は、アメリカの電気通信事業者「インテルサット」のCバンド通信衛星で、北米向けのテレビ放送サービス提供に用いられます。インテルサットは2023年12月初旬までに6つの新しい通信衛星を打ち上げる計画を発表しており、このうち2つはノースロップ・グラマンが、残る4つはマクサー・テクノロジーズが受注しています。※後に1機(Galaxy 37)が追加され、合計7機になっています。

今回打ち上げられた2機の衛星は、ノースロップ・グラマン製の衛星バス「GEOStar-3」に基づいて製造されている可能性があると、海外の様々な宇宙ニュースが指摘しています。なお、GEOStar-3の推進モジュールは日本企業のIHIエアロスペース製「BT-4」で、国際宇宙ステーション補給機「シグナス」や「こうのとり(HTV)」でも採用されています。

 

関連:直近のロケット打ち上げ情報

Source

  • Image Credit: インテルサット
  • SpaceX - INTELSAT G-33/G-34 MISSION
  • EVERYDAY ASTRONAUT - Galaxy 33 & 34 | Falcon 9 Block 5

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-