アメリカ航空宇宙局(NASA)とアラブ首長国連邦(UAE)のムハンマド・ビン・ラシード宇宙センター(MBRSC)は2024年1月7日、米主導で建設が計画されている月周回有人拠点「Gateway(ゲートウェイ)」のエアロックモジュールをMBRSCが提供する契約を締結したと発表しました。【最終更新:2024年1月9日13時台】

【▲ アメリカ航空宇宙局(NASA)が2023年12月に公開した月周回有人拠点「ゲートウェイ」の想像図(Credit: NASA)】
【▲ アメリカ航空宇宙局(NASA)が2023年12月に公開した月周回有人拠点「ゲートウェイ」の想像図(Credit: NASA)】

ゲートウェイは米国が主導する有人月面探査計画「アルテミス」における中継拠点として建設が計画されており、NASAをはじめ欧州宇宙機関(ESA)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、カナダ宇宙庁(CSA)が建設に参加しています。海外メディアのSpaceNewsによると、ゲートウェイの推進モジュール「PPE(Power and Propulusion Element)」と居住モジュールの1つ「HALO(Habitation and Logistics Outpost)」は2025年にスペースXの「ファルコン・ヘビー」ロケットで打ち上げられる予定です(2024年1月時点)。

-PR-

エアロックは宇宙ステーションや宇宙船の内部から外部へと宇宙飛行士や実験装置が出入りする時に用いられるモジュールです。MBRSCによると、ゲートウェイ向けに開発されるエアロックモジュールは全長10m・幅4m、重量10トンで、宇宙飛行士用のクルーエアロック(Crew Airlock)と実験装置等の出し入れに使われるサイエンスエアロック(Science Airlock)の2つから構成されており、ゲートウェイに到着した宇宙船が利用できるドッキングポートも1か所備えられます。

UAE政府はX(旧Twitter)にて、MBRSCが開発したエアロックは2030年に打ち上げられる予定だとポストしています。また、NASAによれば契約の一環として、アルテミス計画の将来のミッションでUAEの宇宙飛行士がゲートウェイに滞在する予定だと述べています。今回の締結を受けてNASAのビル・ネルソン長官は「UAEによるゲートウェイへのエアロックの提供は、宇宙飛行士が深宇宙で画期的な科学を行い、火星へ人類を送る準備を可能にします」とコメントしています。

【▲ ムハンマド・ビン・ラシード宇宙センター(MBRSC)がXで公開したエアロックモジュールの模型(Credit: MBRSC)】
【▲ ムハンマド・ビン・ラシード宇宙センター(MBRSC)がXで公開したエアロックモジュールの模型(Credit: MBRSC)】

近年、NASAとMBRSCは有人宇宙開発分野で協力を進めています。2019年にはMBRSCのハッザ・アルマンスーリ(Hazzaa Almansoori)宇宙飛行士がUAEとして初めて国際宇宙ステーション(ISS)に約8日間の短期滞在を実施。2023年にはMBRSCのスルタン・アル・ネヤディ(Sultan AI Neyadi)飛行士が有人宇宙飛行ミッション「Crew-6」にてスペースXの宇宙船「クルー・ドラゴン」に搭乗し、ISSで半年間の長期滞在を実施しました。NASAによると、現在米国テキサス州のジョンソン宇宙センターではUAEの新たな宇宙飛行士候補者2名が訓練を受けているということです。

 

Source

  • NASA – NASA, United Arab Emirates Announce Artemis Lunar Gateway Airlock
  • MBR Space Centre (X, fka Twitter)
  • SpaceNews – UAE to build airlock for lunar Gateway

文/出口隼詩 編/sorae編集部

-ads-

-ads-