【▲ 実験モジュール「問天」を搭載して打ち上げられた「長征5号B」ロケット(Credit: CNSA)】

【▲ 実験モジュール「問天」を搭載して打ち上げられた「長征5号B」ロケット(Credit: CNSA)】

中国は2022年7月24日、同国が独自に建設を進めている宇宙ステーション「天宮」の実験モジュール「問天」を打ち上げました。問天は打ち上げ翌日の7月25日に、天宮のコアモジュール「天和」へのドッキングに成功しています。

この打ち上げに使われた「長征5号B」ロケットのコアステージ(第1段)は地球低軌道に残されていましたが、打ち上げから1週間後ほどが経った日本時間7月31日に大気圏へ再突入したことが発表されました。

中国有人飛行計画(CMS)弁公室によると、コアステージは日本時間2022年7月31日1時55分頃、スールー海の北緯9.1度・東経119度(フィリピンのパラワン島沖合約60km)を中心とした海域に落下した模様です。また、アメリカ宇宙コマンドは、コアステージが日本時間同日1時45分頃にインド洋上空で大気圏に再突入したとツイートしています。

【▲ 長征5号Bコアステージの大気圏再突入時刻に言及したアメリカ宇宙コマンドのツイート】

ロケットの一部が大気圏に再突入するのはめずらしいことではありませんが、一般的なロケットではサイズが大きな第1段やロケットブースターなどは打ち上げの早い段階で切り離されて落下するため、地球を周回する軌道に残されるのはサイズが小さく軽い第2段以降のステージです。

いっぽう、長征5号Bは全長約33m・直径5mのコアステージと、4本のロケットブースターのみで構成されていて、ペイロード(衛星や宇宙船などの搭載物)はコアステージが軌道に投入します。そのため、ペイロードを分離した後のコアステージが軌道に残り、やがて大気圏へ再突入することになります。

【▲ 米エアロスペース社による長征5号Bコアステージの再突入地点予測(最終報)。再突入ウィンドウは日本時間2022年7月31日1時8分~3時8分と予測されていた(Credit: Aerospace Corporation)】

【▲ 米エアロスペース社による再突入地点予測(7月28日3時20分時点)。日本時間2022年7月31日9時24分の再突入予想地点は中東上空(円で囲まれた範囲)で、それよりも早くなった場合は青い線の場所、遅くなった場合は黄色い線の場所のどこかで再突入する可能性がある(Credit: Aerospace Corporation)】

ただ、再突入するロケットのステージが大きかったとしても、陸地から離れた南太平洋などへ誘導する制御落下が行われていれば、人口密集地に落下するリスクを回避することができます。長征5号Bの場合、コアステージが毎回制御されない状態で大気圏に再突入しているとみられることから特に問題視されています。

長征5号Bは過去に2回打ち上げられていますが、2020年5月の打ち上げ時には燃え残ったコアステージの部品(長さ12mのパイプなど)がコートジボワールに落下して、地上の建物に被害が生じています。2021年5月の打ち上げ時にはモルディブ諸島付近のインド洋に落下したとみられていますが、大気圏に再突入するタイミング次第では陸上に落下する可能性がありました。

関連
中国の「長征5号B」コアステージはインド洋に落下。ロケットの打ち上げに求められる「責任ある対策」(2021年5月)
長征5号Bのコアステージは大西洋上で再突入、破片が地上に落下した可能性(2020年5月)

CMSはコアステージの大部分が大気圏再突入時に燃え尽きたとしていますが、宇宙物体(人間が宇宙に打ち上げた物体)の再突入予測を行っている米企業のエアロスペース・コーポレーションは、5~9tの燃え残った部分が地表へ落下する可能性を指摘していました。なお、長征5号Bは2022年10月に打ち上げが予定されているもう1つの実験モジュール「夢天」の打ち上げにも使われます。

今回の長征5号Bコアステージの大気圏再突入を受けて、アメリカ航空宇宙局(NASA)のビル・ネルソン長官は声明を発表。「中国は長征5号Bロケットの詳細な軌道情報を共有しなかった。特に人命や財産を失う重大なリスクを伴う長征5号Bのような大型ロケットについては、潜在的な衝突リスクを確実に予測できるようにするために、宇宙開発を行うすべての国が事前に情報を共有するべきだ。宇宙利用の責任を負い、地球上の人々の安全を確保するために不可欠なことだ」と訴えています。

 

関連:中国のロケット「長征5号B」のコアステージ、7月31日頃に再突入する可能性

Source

  • Image Credit: CNSA, Aerospace Corporation
  • CMS - 长征五号B遥三运载火箭末级残骸已再入大气层
  • Aerospace Corporation - CZ-5B R/B (ID 53240)
  • NASA - NASA Administrator Statement on Chinese Space Debris

文/松村武宏