JAXAとリコー、THETAをベースにした宇宙用の全天球型カメラ開発。こうのとり8号機で打ち上げ

JAXA(宇宙航空研究開発機構)とリコーは2018年8月28日、宇宙空間で使用できる全天球型カメラを開発したと発表しました。

全天球カメラは360度の映像を一度に撮影できるカメラで、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟に設置されている小型衛星光通信実験装置「SOLISS」の2軸ジンバルのモニタカメラとして利用されます。

カメラは「RICOH THETA(シータ)」をベースとしており、宇宙空間の温度、放射線など、宇宙環境に耐えることができます。また、JAXAは今後もこの技術を宇宙探査機等の船外モニタカメラとして活用する予定です。

なお、全天球カメラの打ち上げは2019年9月11日の宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機によって実施されます。

Image: JAXA
■JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発 ~宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で打ち上げ、 全天球型360°カメラにてきぼう船外で初めて撮影予定~

JAXA | JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発
「JAXAとリコー、宇宙空間で使用可能な小型全天球カメラを共同開発」を掲載しています。 -宇宙航空研究開発機構 JAXA(ジャクサ)は、宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関です。

文/塚本直樹

ページ上部へ戻る