DJIは新型折りたたみドローン「Mavic Air 2」を発表しました。上位機種譲りの撮影性能に、飛行時間や障害物検知機能の向上が特徴となっています。

Mavic Air 2は3軸ジンバル経由で1/2インチセンサーカメラを搭載。これにより、4K/60fpsの動画撮影や、4800万画素の写真撮影が可能となりました。さらに、8Kハイパーラプスやクイックショットといった特殊撮影機能も利用できます。

最大飛行時間は34分と、前モデルのMavic Airから大幅に延長。さらに、スポーツモードでは時速68キロメートルでの飛行が可能です。またAPAS 3.0障害物回避機能を搭載したことで、前後下方の3方向の障害物検知が可能になりました。

 

これらの性能向上と引き換えに、本体重量は570グラムと前モデル(430グラム)から増えており、また折りたたみ時、展開時の本体サイズも大型化しています。本体には新型コントローラーが付属し、最大転送距離10キロメートル/1080p動画(日本国内は6キロメートル)を実現しています。

Mavic Air 2の本体価格は10万5600円で、ショルダーバッグやNDフィルターセットなどが付属するFly More コンボは13万2000円。どちらも、国内公式サイトで注文を開始しています。

 

Image/Source: DJI
文/塚本直樹

 オススメ関連記事