-PR-

【▲打ち上げ直後の「GSLV Mk III」ロケット(Credit: ISRO)】

インド宇宙研究機関(ISRO)は日本時間2022年10月23日に、「GSLV Mk III」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていたアメリカの衛星通信会社「OneWeb(ワンウェブ)」社の通信衛星は無事に軌道へ投入されたことが、ISROおよびOneWebのSNSや公式サイトにて報告されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■GSLV Mk III(OneWeb 14)

打ち上げ日時:日本時間2022年10月23日3時37分【成功】
発射場:サティシュ・ダワン宇宙センター(インド)
ペイロード:OneWebの通信衛星 36機

OneWebは高速かつ低遅延のインターネットサービスを提供するために、648機の通信衛星からなる衛星コンステレーション(協調した動作を行う衛星群)の構築を目指しています。14回目となる今回のミッションでは新たに36機が軌道へ投入され、打ち上げ済みの衛星は合計462機になりました。

-PR2-

OneWebは「あと4回の打ち上げで全世界をカバーすることが可能」「既に北緯50度以上の地域でサービスの提供を開始している」と述べており、2023年には全世界で商用サービスを開始する予定です。

なお、OneWebの通信衛星打ち上げは2022年2月以来となります。2022年3月にもバイコヌール宇宙基地から36機が打ち上げられる予定でしたが、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響を受けて中断していました。OneWebはISROの他に、スペースXとの間でも衛星打ち上げの契約を結んでいます。

 

関連:直近のロケット打ち上げ情報

Source

  • Image Credit: OneWeb, ISRO
  • OneWeb – 36 OneWeb satellites successfully launched by ISRO/ NSIL from Sriharikota

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-