- ads video -
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2024年1月22日にX(旧Twitter)のSLIMプロジェクト公式アカウントにて、着陸後に太陽電池の発電が確認できていなかったSLIMのバッテリーを日本時間2024年1月20日2時57分に所定の手順に従って切り離し、探査機の電源がオフになったことを明らかにしました。

(引用元:sorae 宇宙へのポータルサイト)

これは過放電でバッテリーの再起動が阻害されるのを防ぐための措置で、切り離し時点でのバッテリー残量は12パーセントとされています。バッテリー切り離しの時点で太陽電池の発電は確認されていなかったものの、取得されたデータによれば探査機に固定されている太陽電池が西を向いていることから、今後太陽光が西から当たるようになれば発電できる可能性があるということです。

また、着陸からバッテリーを切り離すまでの約2時間半の間に、着陸降下中や月面で取得された技術データおよび画像データの地球への送信が完了したとされています。現在はデータの詳細な解析が進められており、SLIMの状況や現段階での成果については今週中に公表するべく準備を進めているということです。

-PR2-

SLIMについては新しい情報が発表され次第お伝えします。

 

元記事を読む