球状星団「NGC 6355」

【▲ 球状星団「NGC 6355」(Credit: ESA/Hubble & NASA, E. Noyola, R. Cohen)】

こちらは「へびつかい座」の方向にある球状星団「NGC 6355」です。球状星団とは、数万~数百万個の恒星が球状に集まっている天体のこと。天の川銀河ではこれまでに150個ほどの球状星団が見つかっています。中心に向かうほどギュッと集まっている星々が様々な色で輝く様子に美しさを感じる天体です。

Advertisements

欧州宇宙機関(ESA)によると、NGC 6355までの距離は約5万光年。球状星団は天の川銀河の外部でも見つかっていますが、NGC 6355は天の川銀河の内部に位置しています。

この画像は「ハッブル」宇宙望遠鏡に搭載されている「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」および「広視野カメラ3(WFC3)」を使って取得された画像(可視光線と赤外線のフィルター合計4種類を使用)をもとに作成されました。人の目は赤外線を捉えることはできないため、フィルターを通して取得されたモノクロ画像を着色し、合成することでカラー画像が作成されています。

ESAによると、球状星団を構成する星々は密集しているため、地上の望遠鏡では星団の内部にある個々の星を区別するのがほぼ不可能だといいます。天文学に革命をもたらしたハッブル宇宙望遠鏡は、球状星団の研究でも役立てられています。

冒頭の画像は2023年最初の「ハッブル宇宙望遠鏡の今週の一枚」として、ESAから2023年1月2日付で公開されています。

Advertisements

 

Source

  • Image Credit: ESA/Hubble & NASA, E. Noyola, R. Cohen
  • ESA/Hubble - Stargazing in NGC 6355

文/松村武宏

Twitterでフォローしよう