ウルティマ・トゥーレは平べったかった?「ゆきだるま」ではなくパンケーキとクルミ

Sponsored Link

ゆきだるま」の形状に思われていた、カイパーベルト天体「ウルティマ・トゥーレ」ですが、2月9日にNASAが発表した内容によると、実は球体ではなく平べったい天体の可能性があるとのこと。

ウルティマ・トゥーレ」は、かつて大小2つの天体が合体し、ゆきだるまの様な形になったと思われており、NASAがこの天体を2つに分けて表現する場合は、「ウルティマ」と「トゥーレ」と呼んでいます。今回の発表では、大きい方の「ウルティマ」は平べったいパンケーキ型で、小さい方の「トゥーレ」は凹んだクルミ型であると指摘しています。

Sponsored Link

なお、アラン・スターン氏は「より多くのデータを分析することで、ウルティマ・トゥーレが実際はパンケーキの様に平べったい形をしていることが分かった。しかし、この天体がどの様にして形成されたのかは謎である」とコメントしています。

 

Image Credit:NASA
■New Horizons’ Evocative Farewell Glance at Ultima Thule
https://www.nasa.gov/feature/new-horizons-evocative-farewell-glance-at-ultima-thule

ページ上部へ戻る