スペースXは日本時間2024年1月3日に、「ファルコン9」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた第2世代スターリンク衛星「V2 Mini」は無事に軌道へ投入されたことが、同社のSNSや公式サイトにて報告されています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ファルコン9(Starlink Group 7-9)

ロケット:ファルコン9 ブロック5
打ち上げ日時:日本時間 2024年1月3日12時44分【成功】
発射場:ヴァンデンバーグ宇宙軍基地(アメリカ)
ペイロード:スターリンク衛星(Starlink V2 Mini)21機 ※うち6機はDirect to Cell機能を搭載。

-PR-

スターリンク衛星はスペースXの衛星インターネットサービス「スターリンク(Starlink)」で用いられる通信衛星です。同社は高度や傾斜角が異なる「シェル1」〜「シェル8」に分類された軌道へ、最大4万2000機のスターリンク衛星投入を計画しています。今回のミッションでは第2世代スターリンクネットワークの「シェル7」へ21機のV2 Miniを投入することに成功しました。

スペースXの公式X(旧Twitter)アカウントによると、今回打ち上げられたスターリンク衛星21機のうち6機は「Direct to Cell」機能を備えています。Direct to Cellは地上からスターリンクの回線と直接通信可能なサービスで、特定の携帯電話キャリアとの契約が必要ではあるものの、特別なハードウェア、ソフトウェア、アプリは不要とされています。また、スペースXのDirect to Cell公式ページによれば、グローバルパートナーとして株式会社KDDIの名前も表示されています。

なお、KDDIは2023年8月に「KDDIとスペースX、衛星とスマホの直接通信サービスを提供」とするニュースリリースを公開しています。

【▲ 第2世代スターリンク衛星「Starlink V2 Mini」(Credit: SpaceX)】
【▲「Direct to Cell」機能を備えた第2世代スターリンク衛星「Starlink V2 Mini」(Credit: SpaceX)】
【▲「Direct to Cell」機能を備えた第2世代スターリンク衛星「Starlink V2 Mini」(Credit: SpaceX)】

これまでに打ち上げられたスターリンク衛星の総数は「5671機(プロトタイプを含む)」となりました。

■打ち上げ関連画像・映像

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Image Credit: SpaceX
  • SpaceX – STARLINK MISSION
  • STARLINK – Direct to Cell
  • KDDI – KDDIとスペースX、衛星とスマホの直接通信サービスを提供

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-