H3ロケットを描いた想像図(Credit: JAXA)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月11日、現在開発が進められている次期基幹ロケット「H3」の開発計画見直しを発表しました。

JAXAによると、H3ロケットの1段目に使われるLE-9エンジン技術的課題が確認されており、確実な対応を期すために計画が見直されることになったといいます。これにより、2020年度中の打ち上げが予定されていた試験機初号機は2021年度へ、2021年度中の打ち上げが予定されていた試験機2号機は2022年度へと、打ち上げ時期がそれぞれ延期されることも発表されています。

LE-9は新たに開発されたロケットエンジンで、H3ロケットでは1段目に2基または3基(打ち上げ時の機体形態による)を搭載します。H3ロケットの静止トランスファ軌道(静止軌道に入る前の段階の軌道)への打ち上げ能力は6.5トン以上とされており、先日運用を終了した宇宙ステーション補給機「こうのとり(HTV)」の後継機「HTV-X」の打ち上げにも用いられる予定です。

なお、発表では言及されていないものの、H3ロケット試験機初号機に搭載される予定の先進光学衛星「だいち3号(ALOS-3)」や、2021年度に打ち上げが予定されているHTV-Xの1号機についても、H3ロケット開発計画の見直しにともなう打ち上げ時期変更等の影響が及ぶものと思われます。

LE-9実機型エンジン燃焼試験の様子(Credit: JAXA)

 

Image Credit: JAXA
Source: JAXA
文/松村武宏

 オススメ関連記事