ispaceがスペースXと探査機打ち上げ契約 民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」始動

株式会社ispaceは2018年9月26日、月周回と月着陸ミッションについて米スペースXとロケット打ち上げ契約を結んだと発表しました。

ispaceはスペースXの「ファルコン9」ロケットにランダー(着陸船)を搭載し、2020年半ばに月周回ミッションを、そして2021年半ばに月着陸ミッションを実施します。打ち上げはケープカナベラル空軍基地から実施し、両ミッションは「HAKUTO-R」と名付けられています。

ispaceは月用ランダーとローバー(探査車)の開発をすすめ、さらに2回のミッション後は年数回の定期的な商業ミッションを予定しています。すでにシリーズAにて103.5億円の資金調達にも成功しており、月輸送技術の獲得と月面への商業輸送実現を目指しています。

 

Image Credit: ispace
■SpaceX Falcon 9ロケットで2020年、2021年に月へ打ち上げ 史上初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」始動 月面探査レースは次のフェーズへ
https://ispace-inc.com/jpn/news/?p=713
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る