ISSバッテリー交換のため宇宙遊泳が実施

国際宇宙ステーション(ISS)にて2019年10月6日、2人の宇宙飛行士によりバッテリーの交換作業が実施されました。

今回の宇宙遊泳は、クリスティーナ・コッホ飛行士とアンドリュー・モーガン飛行士によって実施されました。当日の作業時間は7時間1分だったと報告されています。

ISSには8個のソーラーパネルと、それぞれにバッテリーが搭載されています。そして、日光の当たらない時間帯の電力をまかないます。

今回は、2個のニッケル水素バッテリーがリチウムイオンバッテリーに交換されました。なお、このバッテリーは日本の「こうのとり8号」によって運ばれたものです。

また、今月中には4個のさらなるバッテリー交換が予定されています。さらに、10月21日のミッションは初となる女性宇宙飛行士のみでの宇宙遊泳となる予定です。

 

Image: NASA TV
Source: Space.com
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る