ANAの遠隔操作ロボを用いたトライアル授業がN高で実施

 
角川ドワンゴ学園 N高とANA(全日本空輸)は、ANAが提供する遠隔操作ロボット「ANA AVATAR(Beam Pro)」を活用した「遠隔操作ロボ 通学コース」のトライアル授業をN高 横浜キャンパスにて実施します。
 
ANA AVATAR(Beam Pro)」はANAが開発した遠隔プレゼンシステムで、液晶とカメラ・マイクを通じて対話をしたり、簡単操作で自在に操縦することができます。
 
この「ANA AVATAR(Beam Pro)」を用いた「遠隔操作ロボ 通学コース」のトライアル授業は、参加者が自宅のPCからロボットを遠隔操作し、横浜キャンパスに通学するというもの。今まで身体的困難などから通学が難しかった生徒もこのロボットを通じて、横浜キャンパスに通学する他の生徒とのコミュニケーションをとったり、一緒に授業に参加する事が可能となります。
 
トライアル授業は、2018年7月4日(水)~13日(金)の平日8日間、N高等学校 通学コース・横浜キャンパスにて実施されます。
 

 

Image Credit:角川ドワンゴ学園/ANA
■N高とANAが新たな遠隔地教育の実現のため 共同トライアル授業を実施
https://www.atpress.ne.jp/news/160027

関連記事

ページ上部へ戻る