【▲ 神舟15号を搭載した長征2Fロケットの打ち上げ(Credit: CMS)】

【▲ 神舟15号を搭載した長征2Fロケットの打ち上げ(Credit: CMS)】

中国は日本時間2022年11月30日、「長征2F」ロケットの打ち上げを実施しました。搭載されていた有人宇宙船「神舟15号」は予定されていた軌道へ無事投入され、中国宇宙ステーション「天宮」へのドッキングにも成功したことを、中国載人航天(CMS)工程弁公室や中国メディアが伝えています。

Advertisements

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:長征2F(Long March 2F/G)

打ち上げ日時:日本時間2022年11月30日0時8分【成功】
発射場:酒泉衛星発射センター(中国)
ペイロード:神舟15号(Shenzhou 15)

酒泉衛星発射センターから長征2Fロケットで打ち上げられた神舟15号は、発射から約10分後に地球低軌道へ投入されました。CMSは、中国独自の宇宙ステーションの主な技術検証と建設のために計画された全12回の打ち上げミッションが、すべて成功裏に完了したと述べています。

■ペイロード情報:神舟15号(Shenzhou 15)

「神舟(Shenzhou)」は中国が開発した有人宇宙船です。神舟15号には費俊竜(ひ・しゅんりゅう)飛行士、鄧清明(とう・せいめい)飛行士、張陸(ちょう・りく)飛行士の3名が搭乗しました。

地球低軌道に無事投入された神舟15号は、発射から約6時間半後の同日6時42分、天宮のコアモジュール「天和」前方のポートにドッキングすることに成功。同日8時33分にはハッチが開放され、2022年6月から天宮に滞在している「神舟14号」の陳冬(ちん・とう)飛行士、劉洋(りゅう・よう)飛行士、蔡旭哲(さい・きょくてつ)飛行士と合流しました。

CMSによると、中国の宇宙飛行士が宇宙ステーションで別の有人宇宙船を迎えるのは、今回が初めてです。6名の飛行士は搭乗員交代のために天宮で約5日間を共に過ごし、神舟14号の3名は地球に帰還します。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ 神舟15号のカメラが捉えた中国宇宙ステーション「天宮」の姿(Credit: CMS)】

【▲ 神舟15号のカメラが捉えた中国宇宙ステーション「天宮」の姿(Credit: CMS)】

Advertisements
【▲ 中国宇宙ステーション「天宮」で合流した神舟14号と神舟15号の飛行士6名(Credit: CMS)】

【▲ 中国宇宙ステーション「天宮」で合流した神舟14号と神舟15号の飛行士6名(Credit: CMS)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Image Credit: CMS
  • CMS - 神舟十五号载人飞船发射取得圆满成功 空间站关键技术验证和建造阶段12次发射任务全部完成
  • CMS - 神舟十五号载人飞船与空间站组合体完成自主快速交会对接 神舟十四号航天员乘组已做好迎接神舟十五号航天员乘组进驻准备
  • CMS - 神舟十五号3名航天员顺利进驻中国空间站 两个航天员乘组首次实现“太空会师”
  • CMS(Weibo)
  • 新華社 - 中国、有人宇宙船「神舟15号」の飛行士3人を発表

文/sorae編集部 速報班

Twitterでフォローしよう