インターステラテクノロジズが開発する観測ロケット「MOMO5号機クラウドファンディングプロジェクトが、資金調達に成功しました。

MOMO5号機は高度100キロメートルを目指す観測ロケットで、「インフラサウンドセンサ」といった化学実験装置だけでなく、ロケットの炎でたこ焼きスイーツ「たこパティエ」を焼き上げる実験も行います。

また3号機が高度113.4キロメートルに到達した一方、4号機は打ち上げに失敗しました。そのため、5号機では量産化に向けてロケットの信頼性を高めるとしています。

MOMO5号機の具体的な打ち上げ時期はまだ発表されていませんが、2019年冬のミッション実施が予定されています。また、打ち上げは北海道の大樹町から実施されます。

今回のクラウドファンディングプロジェクトは、目標額の900万円を超える約1000万円が集まりました。また集まった金額の一部は、ALSの治療方法を見つけるためのせりか基金へと寄付されます。

 

Source: インターステラテクノロジズ
文/塚本直樹