-PR-

米国の民間宇宙企業ブルー・オリジンは日本時間2023年12月20日、同社の再利用型ロケット「ニューシェパード」による無人での宇宙飛行ミッションを実施しました。ペイロードを搭載していたクルーカプセルとブースターは無事地上へ帰還したことを、同社がウェブサイトやSNSで報告しています。

打ち上げに関する情報は以下の通りです。

■打ち上げ情報:ニューシェパード(NS-24)

ロケット:ニューシェパード
打ち上げ日時:日本時間2023年12月20日1時42分【成功】
発射場:ブルーオリジンの打ち上げ施設“コーンランチ”(西テキサス、アメリカ)
ペイロード: クルーカプセル(搭載ペイロード数33個)

-PR2-

今回のミッションは「NS-24」と呼ばれています。NS-24はクルーカプセルに人間が搭乗しないペイロード専用の無人ミッションで、アメリカ航空宇宙局(NASA)をはじめ学界・研究機関・民間企業のペイロード33個が搭載されました。ブルー・オリジンによると、無人のクルーカプセルは海抜高度107kmの宇宙空間に到達し、打ち上げから10分13秒後にパラシュートで地上へ帰還。クルーカプセルを打ち上げたブースターも着陸に成功しました。

なお、ニューシェパードの打ち上げは2022年9月13日の「NS-23」ミッション以来1年3か月ぶりとなります。NS-23もペイロード専用の無人ミッションでしたが、発射約1分後にエンジントラブルが発生して打ち上げに失敗していました。

■打ち上げ関連画像・映像

【▲ 33個のペイロードを搭載して打ち上げられたNS-24ミッションの「ニューシェパード」ロケット。ブルー・オリジンのライブ配信から(Credit: Blue Origin)】
【▲ 33個のペイロードを搭載して打ち上げられたNS-24ミッションの「ニューシェパード」ロケット。ブルー・オリジンのライブ配信から(Credit: Blue Origin)】

■打ち上げ関連リンク

 

Source

  • Blue Origin – Blue Origin Successfully Completes 24th Mission to Space

文/sorae編集部 速報班

-ads-

-ads-