こちらは「おとめ座(乙女座)」の方向約5500万光年先の銀河「NGC 4423」です。一見すると不規則な形態の銀河のようですが、欧州宇宙機関(ESA)によれば渦巻銀河に分類されています。NGC 4423は地球に対して真横を向けた位置関係にある、いわゆるエッジオン(edge-on)銀河なので、渦巻銀河の特徴である渦巻腕(渦状腕)が広がる様子を地球から見ることはできません。

-PR-

【▲ ハッブル宇宙望遠鏡の「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」で撮影された銀河「NGC 4423」(Credit: ESA/Hubble & NASA, M. Sun)】
【▲ ハッブル宇宙望遠鏡の「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」で撮影された銀河「NGC 4423」(Credit: ESA/Hubble & NASA, M. Sun)】

この画像は「ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope:HST)」の「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」で取得したデータをもとに作成されたもので、“ハッブル宇宙望遠鏡の今週の画像”としてESAから2024年3月4日付で公開されています。

 

Source

文/sorae編集部

-ads-

-ads-