中国「嫦娥4号」を打ち上げ。世界初の月面裏側を探査へ

中国は12月8日未明、四川省にある西昌衛星発射センターから「長征3号B」ロケットの打ち上げを実施しました。

長征3号B」には、月面無人探査機「嫦娥(じょうが)4号」を搭載しており、月面裏側の地形や地質、鉱物などの調査を目的としています。「嫦娥4号」は数週間の旅を経て、2019年1月に着陸する予定。成功すれば世界初の月面裏側探査となります。

また、月は常に一定の向きを向いている為、月の裏側から直接データを送信することができません。そのため、中国は今年5月に通信を中継する衛星「鵲橋(じゃくきょう)」の打ち上げに成功しているなど準備を進めてきました。

嫦娥4号」と「鵲橋」による月面裏側探査は、月や地球のルーツの解明や新たな資源の調達につながるかもしれません。

▲中国の月探査プロジェクトの図解(クリックで拡大)

 

Image Credit:CNSA
■探月工程嫦娥四号探测器成功发射 开启人类首次月球背面软着陆探测之旅
http://www.cnsa.gov.cn/n6758823/n6758838/c6804676/content.html

 

関連記事

ページ上部へ戻る