ロシアのタス通信は6月29日、ロシアの新しい早期警戒衛星が今年11月にも打ち上げられるだろうと報じた。

これはロシア航空宇宙防衛部隊(VVKO)宇宙司令部のアリェーク・マィダーナヴィチ司令官が明らかにしたもので、今年11月の打ち上げに向け、6月29日にロシア国防省からスケジュールの承認が得られたとしている。

このシステムは「EKS」と呼ばれているもので、Единая космическая система(直訳すると「統合宇宙システム」)の頭文字から採られている。また「トゥーンドラ」という愛称を持つともいわれている。

-PR-

EKSは、弾道ミサイルの発射などを軌道上から検知するための早期警戒衛星としての機能のほか、ロシアの核戦略や宇宙戦力に詳しいパーヴェル・ポードヴィク氏によると、軌道上にある他の人工衛星やスペース・デブリ(宇宙ごみ)などを監視する、宇宙状況認識ミッションを行う機能も持っており、衛星名に「Единая(統合、統一」という単語が入っているのはそのためだという。

衛星は静止軌道と、高い傾斜角を持つ長楕円軌道(いわゆるモルニヤ軌道)に合計10機が投入される計画で、全地球規模で24時間の監視が可能になるとされる。システムの完成は2018年に予定されている。11月に打ち上げられる1号機は長楕円軌道に投入される。

ロシアはかつてのソ連時代から、静止軌道と長楕円軌道で早期警戒衛星システム「オーカ」を運用していたが、静止軌道で運用されていた衛星は2014年の春ごろに、また長楕円軌道で運用されていた衛星も2014年秋ごろに、それぞれ最後の1機が運用を終えたとみられている。つまり現在ロシアは早期警戒衛星を保有していないと考えられており、EKSの打ち上げにより、新世代の衛星による再構築が始まることになる。

 

Source

  • タス通信 - ТАСС: Армия и ОПК - Войска ВКО: первый спутник Единой космической системы запустят в ноябре 2015 года

-ads-

-ads-