金星に接近するベピ・コロンボの探査機を描いた想像図

金星に接近するベピ・コロンボの探査機を描いた想像図(Credit: ESA/ATG Medialab)

JAXA(宇宙航空研究開発機構)は11月4日、先日実施された国際水星探査計画「ベピ・コロンボ(BepiColombo)」の探査機による金星スイングバイの結果を発表しました。

ベピ・コロンボはJAXAの水星磁気圏探査機「みお(MMO:Mercury Magnetospheric Orbiter)」とESA(欧州宇宙機関)の水星表面探査機「MPO(Mercury Planetary Orbiter)」の2機の周回探査機によるミッションで、両探査機は電気推進モジュール「MTM(Mercury Transfer Module)」とともに1つの機体を構成しています。

今回のスイングバイは金星で実施される2回のスイングバイのうち1回目で、JAXAによると探査機の金星最接近時刻は日本時間2020年10月15日12時58分31秒最接近時の高度は1万721.6km。スイングバイによって探査機の速度は秒速約3.25km減速し、目標の数値を達成したとされています。

最接近の直前に電気推進モジュール「MTM」のカメラによって撮影された金星

最接近の直前に電気推進モジュール「MTM」のカメラによって撮影された金星(Credit: ESA/BepiColombo/MCAM)

また、探査機を構成する「みお」のスイングバイにあわせて、JAXAの金星探査機「あかつき」および惑星分光観測衛星「ひさき」の3機による金星共同観測も実施されました。「みお」は太陽風と金星周辺プラズマ環境の観測を、「あかつき」は紫外線と赤外線での1~2時間おきの金星撮像を、「ひさき」は極端紫外線での金星高層大気の前後1週間に渡る分光観測を行っています。

発表では「みお」の観測結果が示されており、太陽風の中と金星の周辺で異なる電子の分布や、金星に由来するとみられるイオンの存在(プラズマシート)が観測されています。JAXAによると、日本の宇宙機3つのミッションが共同で惑星を同時観測したのは今回が初めてのこととされており、各宇宙機による観測データを組み合わせて解析することで、金星に関する新たな成果が期待されるとしています。

なお、ベピ・コロンボの探査機による2回目の金星スイングバイは9か月後の2021年8月10日に計画されていて、次回は高度550km以下を通過する予定とされています。その後は2021年10月の第1回水星フライバイに始まる合計6回の水星フライバイを経て、2025年に水星の周回軌道へ投入される予定です。

「みお」による観測結果を示した図。

「みお」による観測結果を示した図。磁場を持たない金星では太陽風が直接作用することで衝撃波面や電離圏尾部が形成されており、衝撃波面の内部では太陽風の中よりも電子のエネルギー分布が複雑であることが示されている。また、太陽風の中では直線的に進み、衝撃波面の内部では複雑に運動するイオンの様子も捉えられている(Credit: JAXA)

 

関連:水星探査機「みお」第1回金星スイングバイ実施 通過時の写真を公開

Image Credit: ESA/ATG Medialab
Source: JAXA / ESA
文/松村武宏

 

 オススメ関連記事