温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)

▲関東平野の二酸化炭素排出量を観測する温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)のイメージ(Credit: JAXA/N1ES/MOE)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)とANAホールディングス株式会社は9月28日、人工衛星と旅客機から都市域の大気成分等の分布を観測する共同研究を開始することを発表しました。

JAXAでは温室効果ガス観測技術衛星「いぶき(GOSAT)」を用い、2009年より宇宙から世界中の温室効果ガスを均一に観測し、その増加を捉えています。しかし地球全体を観測する人工衛星単体から所得できるデータでは、都市域など把握が困難な箇所も存在しています。そこで、今回の共同研究では「いぶき」の観測技術を応用した機器をANAの旅客機内に持ち込み(下の画像)、主要都市の大気成分の詳細観測を試みます。旅客機からのデータと人工衛星の観測データを組み合わせることで、人間活動に伴う温室効果ガスの排出量、交通・産業などの発生源別に評価することができ、新たな観測方法としての構築や旅客機を活用したリモートセンシングの実用性を検証することができます。

共同研究の観測実験は「東京(羽田)―福岡便」から実施する予定となります。

▲旅客機内からの観測イメージ(客室の窓を通して地表面で反射した太陽光を取込み、光の波長から大気成分濃度を推定する)(Credit: JAXA)

 

外部関連: 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

Image Credit: JAXA
Source: JAXA

 オススメ関連記事