ラリー・ペイジ出資のKitty Hawk社、空飛ぶタクシー「Cora」をNZで実証テスト


 
グーグルの共同創業者で現アルファベット社CEOを務めるラリー・ペイジ氏が出資するKitty Hawk社は、ニュージーランドにて当局と共同で空飛ぶタクシー「Cora」の運行に向けたテスト飛行を実施することが、New York Timesによって報じられています。
 

 
Coraは配車サービス「Uber」のように、アプリで車両を呼び出して利用するサービスです。Coraの翼長は36フィート(約11m)、翼には12個の電動ローターが取り付けられ、内蔵バッテリーで駆動されます。飛行速度は時速110マイル(時速約180km)で、巡航距離は62マイル(約100km)。2人の乗客が輸送可能です。
 
Coraは2017年10月にニュージーランドに輸送され、初期飛行テストも実施済み。今後は同国にて、3年以内の空飛ぶタクシーの運用を開始したいとしています。
 
Image Credit: Kitty Hawk
■Larry Page’s flying taxis approach regulatory approval in New Zealand
https://www.theverge.com/2018/3/13/17113246/larry-page-air-taxi-autonomous-plane-new-zealand-jacinda-ardern
(文/塚本直樹)

関連記事

ページ上部へ戻る