民間月面探査機、クラッシュし着陸ならず イスラエル「ベレシート」

イスラエルの民間月面探査機「ベレシート」月面への着陸を試みましたが、残念ながらミッションは失敗に終わっています。

スペースILが開発したベレシートは民間初、かつイスラエル初の月面軟着陸を目指す探査機として、2019年4月11日に月への降下を開始します。しかし月の表面から高度約149mで通信が途絶え、月面にクラッシュしたのです。

IAI(イスラエル・エアロスペース・インダストリーズ)でマネージャーを務めるOpher Doron氏は、「月面着陸ミッションは失敗に終わった。しかし、これまでの経緯は偉大な達成だ」と語っています。またイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ大統領も「最初に失敗したとしても、また挑戦することができる」と語っています。

現時点で、月面軟着陸に成功しているのはロシア(旧ソ連)、アメリカ、中国の3カ国。はたしてこれに続くのは、どの国や団体となるのでしょうか。

Image: スペースIL
■Israel’s Beresheet Spacecraft Crashes Into Moon During Landing Attempt
https://www.space.com/israeli-beresheet-moon-landing-attempt-fails.html
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る